沈船エモンズ

沖縄の本島北部の古宇利島の北に、世界でもトップクラスの規模を誇る素晴らしい沈船ポイント。

場所 沖縄 / 沖縄本島・中部
特徴 沈潜ポイント
ダイビング形態 ボートダイビング
難易度 上級
水深-43mに沈む、106mのその船体は破壊されつつも、その美しさを保っており、巨大な主砲、スクリュー、機銃、兵士のヘルメット、魚雷などが未だに残されています。太平洋戦争末期の1945年4月6日、伊江島沖で漂流。4月7日、古宇利島沖で情報漏れを恐れたアメリカの軍艦によって沈められる。この戦闘によって60名以上のアメリカ兵と5名の零戦パイロットが 犠牲になっています。当時の記録によると、総トン数2050トン全長106.2m全幅11.0m、127mm砲や魚雷などを多数装備し、200名以上の乗組員がいたとの事です。過去の悲惨な歴史に、リアルに触れられるこのポイント。何かと考えさせられるポイントです。是非一度歴史に触れてみてはいかがでしょう。